技能を広め、伝える 技能振興と継承

HOME技能を広め、伝える 技能振興と継承>若年者ものづくり競技大会

若年者ものづくり競技大会

若年者のものづくり技能に対する意識を高め、若年者を一人前の技能労働者に育成していくためには、技能習得の目標を付与するとともに、技能を競う場が必要です。 このため、職業能力開発施設、工業高等学校等において、原則として、技能を習得中の企業等に就業していない20歳以下の若年者を対象に「若年者ものづくり競技大会」を開催し、これら若年者に目標を付与し、技能を向上させることにより若年者の就業促進を図り、併せて若年技能者の裾野の拡大を図ることとします。

若年者ものづくり競技大会の詳細はこちら[中央職業能力開発協会]

 若年技能者人材育成支援等事業   └主旨・体系図
    事業の主旨
    体系図
  └ものづくりマイスター・ITマスター
    ものづくりマイスター制度とは
    認定基準
    対象職種
    認定申請書
    マイスター一覧
    マイスター派遣までの流れ
    実技指導事例
  └ものづくりの魅力の発信
    目指せマイスタープロジェクト
    小学校ものづくり教室
  └地域技能振興
    ものづくりふれあいフェア
    熟練技能者派遣による実技指導
    秋田の名工展(〜H28)
    技能競技大会視察バスツアー(〜H28)
    技能五輪 地方予選大会
 技能五輪
 技能グランプリ
 高度熟練技能者認定制度
  └申請方法
  └秋田県の高度熟練技能者
  └高度熟練技能者の派遣事業
 若年者ものづくり競技大会
 ものづくりフェア
このページの先頭へ