サポートする 相談と情報提供

HOMEサポートする 相談と情報提供>職業能力開発推進者の選任

職業能力開発推進者の選任

職業能力開発推進者とは

職業能力開発推進者とは、企業内で次の役割を期待される方のことです。

事業内における職業能力開発計画の作成及びその実施に関する業務 効率的・効果的な職業能力の開発を進めていくためには、自社に最適な職業能力開発計画を作成することが何よりの近道となります。時代の要請と変化を捉えた、職業能力開発計画を作成していただきたいと思います。

当該事業所の労働者に対し、職業能力開発に関する相談、指導、周知等の義務 従業員からの能力開発に関する様々な相談などに対して、キャリア・コンサルティング技法を活用し、効果的な支援を行い、キャリアアップへつないでいっていただきたいと思います。

国、都道府県、中央職業能力開発協会、都道府県職業能力開発協会との連絡に関する業務 職業能力開発行政機関との連絡を円滑に行い、自社に有益な能力開発に関する情報を積極的に入手していただきたいと思います。

支援体制

中央職業能力開発協会及び都道府県職業能力開発協会では、職業能力開発推進者がその役割を果たせるよう、様々な支援体制を整えています。

職業能力開発推進者講習の実施 職業能力開発に関する様々な知識や技法を無料で学べる「職業能力開発推進者講習」をご用意しております。
『講習テーマ』例えば…
・職業能力評価基準の活用に関すること
・事業内職業能力開発計画の作成に関すること
・キャリア・コンサルティング技法に関すること など
中央職業能力開発協会(JAVADA)
キャリア形成


きゃりあ道(メールマガジン)
キャリア形成、人材育成、職業能力開発等の情報、さらに地域に密着した職業能力開発関連情報等をインターネットによって簡易に入手いただけます。

選任にあたって

職業能力開発推進者は、従業員の職業能力開発及び向上に関する、企画や訓練の実施に関する権限を有する方から選任されるのが望まれます。
具体的には
・教育訓練部門の組織が確立されている事業所にあっては当該組織の部課長、それ以外の事業所にあっては労務・人事担当部課長等がこれに当たります。
・職業能力開発推進者は、各事業所(支店、工場、営業所等)で1人以上選任する「事業所単独選任」が基本です。もし、適任の方がいらっしゃらない場合には「本社選任」もしくは「共同選任」で職業能力開発推進者を選任することができます。

図:職業能力開発推進者 選任基準

キャリア形成促進助成金を受給するためには、選任届を提出し、その写しを添付することが必要となりましたのでご留意ください。

選任届ダウンロード[中央職業能力開発協会]

選任基準をはじめご質問のある方はこちらまで
秋田職業能力開発サービスセンター 〒010-1601 秋田市向浜一丁目2-1 秋田県職業能力開発協会内 TEL 018-823-0370 FAX 018-824-2052

アクセスマップ
 サービスセンターについて
 キャリア形成促進助成金
 職業能力開発推進者の選任
  └職業能力開発推進者とは
  └支援体制
  └選任にあたって
このページの先頭へ