技能を広め、伝える 技能振興と継承

HOME技能を広め、伝える 技能振興と継承>若年技能者人材育成支援等事業 ものづくりマイスターの活用
ものづくりマイスターの活用

ものづくりマイスター制度とは

高度な技能をもった「ものづくりマイスター」が技能競技大会の競技課題等を活用し、 中小企業や教育訓練機関で広く若年技能者への実技指導を行い、効果的な技能の継承や後継者の育成を行います。

ものづくりマイスター及びITマスター認定基準

認定基準

(1)応募時に、企業等に所属している方は代表者又は所属長の、 それ以外の方は第三者(二親等以内の親族関係にある者を除く。)から。 ものづくりマイスター及びITマスターとしてふさわしい者として推薦を受けられる方。
(2)認定を受けた場合、プロフィール・指導内容等の公表が可能であること。

申請方法

(1)認定を希望する方は、都道府県コーナーへ「ものづくりマイスター認定申請書」「ITマスター認定申請書」を提出してください。 提出先は、原則として在職者の方は事業所所在地、在職者でない方は居住地としています。
(2)都道府県コーナーにおいては、受付の際に申請資格等を確認のうえ、 必要に応じて面接を行い認定審査のために中央センターへ提出します。

認定申請者の記入に当たっての留意事項

(1)認定要件等の確認に必要な資格・免許等の写しを認定申請書に添付してください。(写しは縮小も可。)
(2)認定申請書の各項目の記載に当たっては、楷書体で簡潔に記入してください。 なお、ホームページへの掲載文字数の制限を設けていることから、 記入内容が文字制限数を超えた場合は、一部割愛することがあります。
(3)記載項目のうち、「得意とする指導内容」欄には、「指導する職種」、 「対象となる機械/作業等」、「指導内容/方法/目標到達度等」の順でご記入ください。
【例】〔機械加工職種 旋盤作業 技能検定2級合格を目標に作業ポイントを押さえた指導〕
(4)企業に所属している方は企業の承諾が必要となりますので、認定申請書の推薦欄に 代表者又は所属長等の署名捺印のうえ提出してください。

ものづくりマイスター及びITマスター認定と登録

(1)中央センターでの審査の結果は、都道府県コーナーから通知されます。 ものづくりマイスターに認定された方にはものづくりマイスター認定証を、ITマスターに認定された方にもITマスターの認定証を併せて交付します。
(2)ものづくりマイスターに認定された方はデータベースに登録し、 原則として指導技法研修受講後にホームページで認定職種及び次の内容を公表します。

①氏名及び性別
(旧漢字の方は、ホームページ上では外字となるため常用漢字での表示)
②登録地(都道府県名)
③所属企業名及び所在地(市区町村まで)
④技能に係る主な取得資格・免許等
⑤得意とする指導内容
⑥活動条件
⑦主な技能指導実績(指導の目的・内容、期間)
なお、上記以外の内容な、中央センター、都道府県コーナーの関係者のみが、 当該事業の共有情報として扱います。

登録内容の変更

ものづくりマイスター及びITマスターの登録内容に変更が生じた場合は、 指定された書面で速やかに登録地の都道府県コーナーへ連絡してください。

登録の解除

次の事項のいずれかに該当する場合は、登録を取り消すものとします。 (1)本制度の目的又は内容を逸脱した行為を行ったと認められる場合、
  又は今後の活動が見込めない場合
(2)登録内容に虚偽が判明し、悪質と判断した場合
(3)ものづくりマイスター及びITマスター本人から、登録取消しの申し出があった場合

ものづくりマイスター及びITマスターの派遣活動

「ものづくりマイスター制度」に関る派遣技能指導者として、 厚生労働省が定める事業実施要領及び各都道府県コーナーの事業計画に基づいた派遣を依頼します。 また、製作実演等の実施に協力をお願いすることがあります。

個人情報の取り扱い

提出いただいた個人情報は、個人情報保護法の趣旨に則り適切に管理いたします。 なお、個人情報の取扱い等については、 受託者である中央協会及び都道府県協会のホームページ等を参照してください。

1.ものづくりマイスター 詳しくはこちら

ものづくりマイスターが指導する対象職種

ものづくりマイスターが指導する対象分野は、111職種です。 ものづくりマイスター対象112職種一覧

2.ITマスター 詳しくはこちら

ITマスターが指導する対象職種

ITマスターが指導する対象職種は、5職種です。 ITマイスター対象112職種一覧

ものづくりマイスター及びITマスター認定申請書

ものづくりマイスター及びITマスター申請について

厚生労働省のものづくりマイスター及びITマスターは、 「ものづくりマイスター認定申請書」「ITマスター認定申請書」を秋田県技能振興コーナーに 提出していただくことによって手続きが始まります。 この「ものづくりマイスター認定申請書」「ITマスター認定申請書」は、申請書をプリントアウトされ、 記入例を参考に記入してください。 なお、申請書についてお尋ねがありましたら、 秋田県技能振興コーナーまでお問い合わせください。

  • ものづくりマイスター認定申請書はこちら ( PDF . EXCEL
  • ものづくりマイスター認定申請書記入例はこちら ( PDF
  • ものづくりマイスター認定申請要領( PDF
  • ものづくりマイスター認定対象職種コード表( PDF
  • ITマスター認定申請書はこちら( PDF . EXCEL
  • ITマスター認定申請書記入例はこちら ( PDF
  • ITマスター認定申請要領( PDF
  • ITマスター認定対象職種コード表( PDF

ものづくりマイスター一覧

H28年度認定マイスター

マイスター写真
機械加工
阿部 四郎
マイスター写真
建築大工
阿部 勝栄
マイスター写真
建築大工・型枠施工
安保 晋
マイスター写真
建築大工
安保 忠幸
マイスター写真
建築大工
猿田 大輔
マイスター写真
機械加工・機械保全
奥村 健
マイスター写真
電子機器組立て
加賀谷 伸
マイスター写真
建築大工
舘岡 徳行
マイスター写真
型枠施工
近藤 征一
マイスター写真
建築大工
佐藤 長栄
マイスター写真
建築大工・型枠施工
小舘 正光
マイスター写真
建築大工
菅原 眞吾
マイスター写真
型枠施工
瀬川 一雄
マイスター写真
建築大工
斉藤 金則
マイスター写真
建築大工・型枠施工
沢田 正春
マイスター写真
畳製作
渡部 聖登
マイスター写真
建築大工
渡邊 達美
マイスター写真
型枠施工
鈴木 寛彦
マイスター写真
建築大工
鈴木 守

ITマスター一覧

ものづくりマイスター派遣までの流れ

事業実施計画書(申請用) [様式1]の提出
(1)ものづくりマイスターについては、希望を書いてください。
(2)ものづくりマイスターとの交渉は、秋田県技能振興コーナーで行います。
(3)ものづくりマイスターの派遣依頼文書は、秋田県技能振興コーナーで行います。
受講者名簿(申請用) [様式1-2]の提出
(1) 受講回数:
中小企業 → 1人年間最大20回まで
教育訓練期間 → 1人年間最大10回まで
(1)機械・工具等の設備の状態、希望する重点指導内容などご記入ください。
(2)ものづくりマイスターと企業・学校が望む調査に使用します。
(3)調査票の内容により、事前の調整を行います。
  (必要に応じてマイスターが打ち合わせにうかがいます)
企業・学校とマイスターの日程調整の上、最終的な指導日の決定通知を送付いたします。
購入材料名(確認用) [様式3-2]の提出
(1)確認し、購入して宜しい旨連絡いたします。
(2)見積書・納品書・請求書は、秋田県技能振興コーナー宛、振込口座名記載で
   お願いします。なお、見積書・納品書・請求書は、秋田県技能振興コーナー
   まで提出をお願いします。
※上限である、一人あたり、2,160円(消費税込)を超えないようにご注意ください。
※事業終了後、アンケートの実施(申請者用・受講者用)
※ご不明な点は秋田県技能振興コーナーにお尋ねください。

ものづくりマイスター実技指導事例

事例1

プロの技を間近で見られて何よりの勉強になりました。
プロの技を間近で見られて何よりの勉強になりました。
溶接の指導
秋田県立小坂高等学校
環境技術科 の生徒11名
実技指導概要
日 程/10日間
場 所/高校内の実習場
受講者/11名
内 容/溶接の実技指導
指導者/ものづくりマイスター1名
生徒の声
「溶接中の音を聞きなさい」
生徒の写真
溶接条件や技術をたくさん、指導していただきました。その中で「溶接中の音を聞きなさい」というアドバイスが最初、理解できませんでした。音を意識し、練習を重ねていくと、溶接状態の良い時の音を感じることができ、それを維持することもできるようになりました。また、練習中でも常に製品をつくる気持ちで取り組む重要性も指導していただきました。将来はものづくりをする企業で働きたいと考えているので、とても勉強になりました。

秋田県立小坂高等学校 環境技術科 2年 菊地 尚至
教員の声
「県内初の溶接技能評価試験(A-2F)にチャレンジ」
生徒の写真
明確な目標がないと、レベルアップは望めないと考え、溶接技能評価試験(A-2F)にチャレンジ出来る技能指導をお願いしました。安全作業はもちろん、開先・ルート面加工の事前準備、そして、溶接後のスラグ・スパッタ除去と丁寧に指導していただきました。試験では、7名中6名合格と合格者をだすことが出来ました。とても感謝しています。指導を受けた3年生のある生徒は、マイスター指導後に溶接に興味を持ち、溶接関係の仕事に就職しました。2年生の生徒は、インターンシップ先で溶接技術を評価してもらいました。そして、「来年、会社を受験してほしい」と、うれしい言葉を頂きました。いろいろな所で効果がありました。今後は基本をしっかり定着させて、レベルアップしていきたいと考えています。

秋田県立小坂高等学校 環境技術科 実習助手 畠山 忠大
マイスターの声
「溶接」ものづくりの原点を学ぼう
生徒の写真
近年、溶接技術の進歩は目覚ましく、広い産業分野で用いられ重要な地位を占めています。その一方で3K職場のイメージも強く、この頃の若年者には人気がない職種のようです。しかし溶接技術は、ものづくりの基本作業で、いざ取り組んでみると大変奥が深く面白みがある職種でもあります。溶接棒の先端部分で鉄の原子と原子が自らの技量で結び付け様子を自分の目、耳で感じ取ることが出来ることを若年者に伝えるのは一苦労です。そのために、実際にアークを出し実演して要点を話したり、また若年者が溶接している時に手を取ってアークの長さ、溶接棒の角度、溶接棒と母材の間隔が適正な状態の音を聞かせ五感を磨いてもらっています。溶接から「ものづくりの原点を学び 将来高い技能を身に着けた若者が増えることを期待し、今後も指導していきたいと思います。

相原 幸夫 
ものづくりマイスター ものづくりの魅力の発信 地域技能振興
 若年技能者人材育成支援等事業   └主旨・体系図
    事業の主旨
    体系図
  └ものづくりマイスター・ITマスター
    ものづくりマイスター制度とは
    認定基準
    対象職種
    認定申請書
    マイスター一覧
    マイスター派遣までの流れ
    実技指導事例
  └ものづくりの魅力の発信
    目指せマイスタープロジェクト
    小学校ものづくり教室
  └地域技能振興
    ものづくりふれあいフェア
    熟練技能者派遣による実技指導
    秋田の名工展(〜H28)
    技能競技大会視察バスツアー(〜H28)
    技能五輪 地方予選大会
 技能五輪
 技能グランプリ
 高度熟練技能者認定制度
  └申請方法
  └秋田県の高度熟練技能者
  └高度熟練技能者の派遣事業
 若年者ものづくり競技大会
 ものづくりフェア
このページの先頭へ